カロギア高機能インソール
特許出願中

カロギア高機能インソールとは

カロギア高機能インソールの必要性

画像

インソールにより足裏に補正・矯正をかけたイメージ図

現代人は体幹のバランスが崩れてきています。
人間は生活、仕事、運動等で利き手・利き足の多用や偏った単純作業で身体の土台(足裏)から崩れていきます。それを補正するためには正しい土台作りが必要です。人間は二本の足で立ち歩行しているため、身体の土台作りで実際に補正が可能なのは靴裏、インソール(足底板)、靴下裏です。そして実際、個々の足の長さ(厚さ)に合わせて簡単に大きな補正効果が可能なのはインソールのみです。

しかし、私たち現代人の足は、アスファルト、フローリングなどの固い地面、そして柔らかなインソールの靴と接しています。自然界ではあり得なかったことですから、痛くなったり、むくんだり、疲れたりするのです。これは歪んでしまった現代人の足への注意信号で、本来の自然な足の形に戻ろうとしているリアクションなのです。
現代人の女性の多くが、ハイヒール靴でしかも過酷な仕事をしています。そのことにより多くの女性が足裏よりバランスを崩し、足の指の骨から始まって体幹に歪みが生じています。
また多くの労働者もビジネスシューズ・安全靴・長靴等の作業靴で日々の過酷な仕事をしています。
そういった現代人の足裏をカロギア高機能インソールで支え、本来の状態に補正・矯正することにより、日々の過酷な仕事の中で歩行姿勢を自然と矯正し、体幹のバランスを無理なく正常な状態に戻していきます。

カロギア高機能インソールの歩行の補正

画像
バランスを崩した足首
画像
カロギア高機能インソールを入れる事により補正・矯正される

人間は疲労や筋肉の衰えによって、体重がかかると足裏のアーチが橋の崩れたように潰れた側に傾きます。結果として踵側からみると外側内側のどちらかに【くの字】のように曲がってしまいます。
カロギア高性能インソールをいれる事により足裏という土台がしっかりして本来の状態に戻すことができます。

しかし、インソールの材質は硬い材質ほど足裏の形状は戻り保持もできますが、歩行には障害(歩きにくい)がでてしまい、柔らかい材質(低反発ウレタン等一例)だと気持ちは良いのですが、歩行には疲れやすく、補正矯正効果も全く期待できません。
この相反する性質を逆に利用して、日々の歩行(労働)の中で補正矯正してくれるという、全く新しいコンセプトがカロギア高機能インソールです。
つまり、日々の歩行生活の中で使えば使うほど補正矯正してくれるという事です。

足裏のアーチは、血液の折り返し地点です。そんな重要な第二の心臓ともいえるポイントを、カロギア高機能インソールはしっかりサポートします。身体が自在に動くようになることで、アーチがポンプの役割(ミルキーアクション)を果たし、自然に血行を促進して疲れを軽減します。

カロギア高機能インソールの形状と特徴(特許出願中)

画像

私たち人間が2本足で歩けるようになったのは、実は『アーチ』のおかげです。
ですから、アーチは歩くほどに発達します。その証拠にまだ歩けない赤ちゃんには土踏まずはありません。
カロギア高機能インソールは、人間工学と運動工学から『内側縦アーチ』『外側縦アーチ』『横アーチ』『かかとアーチ(トラックボールアーチ理論)』の特異な四角形アーチサポート形状を備えた構造となっています。
よって、かかと部のトラックボール形状により、かかとの骨が地面に設置した瞬間にかかとと上部の骨が正しく上を向くよう補正します。そしてその状態を適正に保持しながら、足の内側と外側の二本の縦アーチ形状によりその上を列車のレールのように平行して補正しながら正しい進行方向にひざが向きながら歩行できる機能です。また、足指全体を使って強く蹴りだし加速できる機能があります。

※感性応用計測研究会にて発表

画像

縦アーチサポート形状

- Inner and Outer Iongitudinal arch support -

内側と外側にある第一、第二の二本の縦アーチを支え理想的形状でサポートすることで、正しい進行方向を決定し歩行の際の安定したバランスを保ちます。

横アーチサポート形状

- Cross arch support -

横アーチサポートで第三のアーチを支え理想的な姿勢を保ち外反母趾の予防、周辺のツボの刺激や血行促進につながります。

トラックボール形状

- Deep heel cup and Trackball arch support -

着地時の衝撃を吸収しながら、かかとの位置と向きをまっすぐにする第四のアーチを深い形状でしっかりホールドし、かかとからつま先までの足全体を正しく機能させ、かかとからふくらはぎの線上の筋肉を自然な状態に戻し正しい姿勢をサポートします。

立方骨サポート

- cuboidal bone support -

姿勢を維持させる役割をする部分や、運動機能に関わる部分と組合わさっている立方骨をしっかりとサポートすることで、足本来の機能を発揮する事ができます。

楔状骨・船状骨サポート

- cuneiform bone・navicular bone support -

姿勢を維持させる役割をする部分や、運動機能に関わる部分と組合わさっている立楔状骨・船状骨をしっかりとサポートすることで、足本来の機能を発揮する事ができます。

リムサポート

- Rim support -

両サイドに足を包み込むように高く作られたリムで、足全体をしっかり支えて理想的な形状でサポートします。

カロギア高機能インソールの効果

カロギア高機能インソールを日常的に使用することにより土台(足裏のアーチ)から適正に補正され、足裏、足首、膝、腰、肩、首、顎へと体幹バランスが整い始め、次に筋肉が整ってくると姿勢、関節痛、肩こり、顎関節、視力、頭痛、全身疲労等に好影響が出てきます。

さらに歩行時のかかと部にかかる衝撃を広く分散して吸収することができ、安定した重心移動が可能となり、運動機能を向上させながら疲労を軽減する効果があります。
また歩きやすく、疲れにくく、足指全体を使って蹴りだすことができ、第二の心臓効果によりポンプ効果で血行がよくなり外反母趾も予防することができます。

カスタムメイドインソール

最適な体幹バランスを3D測定

画像

いままでの測定器では計測できなかった「動いている時の3D足裏形状変化のデジタルデータ化」と最適な3D形状の再現が、カロギアフォーモーション測定機と3D精密切削機により可能になりました。
この技術の開発の成功により、本当の意味での動的に変化する理想的アーチの3Dデジタル化シミュレーションが可能となりました。

実際には、自重で大きく変形しながら動いている時の足裏の形状を測定し、最適に再現しなければ、本当に必要なインソールを作ることが出来ません。
「一定の圧力を受けながらも宙に浮いた状態」の足裏形状を動的な状態で計測する事が重要です。
この測定で得たデジタルデータでインソールに最適な材料を3D精密切削することにより、個人個人に最適な、日々の生活の中で使えば使うほど補正矯正してくれるという、全く新しいコンセプトのオーダーメイドのカスタムカロギア高性能インソールが出来上がります。

この測定により、本来はカスタムカロギア高性能インソール用のものでしたが、カロギア高機能インソールの最適な平均値を導き出すことができました。多くの有名スポーツ選手や過酷な作業の労働者の被験者データを測定解析した結果、最良の動的効率に優れたアーチ形状に到達しました。

最適なインソール材料を3D精密切削

カロギアフォーモーション測定機より得られた動的な3Dデジタルデータを3DCADに取り込んで組み込み設計をします。
そして最適な材料を3D精密切削機により製作し、一枚ずつ丁寧に組み立てて作るために非常に多くの時間を必要とはしますがこれにより、個人個人に最適な、日々の生活の中で使えば使うほど補正矯正してくれるという、全く新しいコンセプトのオーダーメイドのカスタムカロギア高性能インソールが出来上がります。

画像 画像 画像

カロギア高機能インソールの内容

サイズ
・XS(21.5~22.5)・S(23.0~24.0)・M(24.5~25.5)・L(26.0~27.0)・XL(27.0~ 28.5) 5サイズ対応
・表皮 粗メッシュポリエステル(抗菌対応)
・本体 エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA系)
・樹脂部分 熱可塑性ポリウレタン(TPU系)・ポリプロピレン(PP系)
・つま先部の厚さ2.0mm〜2.2mm (極薄使用)

カロギア高機能カスタムインソールの内容

サイズ
・XS・S・M・L・XL 5サイズ対応
・表皮 粗メッシュポリエステル色相談可能(抗菌対応)・人工皮革(東レエクセーヌ) ・スーパーコルク・本革(牛皮バックスキン)
・本体 エチレン酢酸ビニルコポリマー(EVA系)
・樹脂部分 熱可塑性ポリウレタン(TPU系)・ポリプロピレン(PP系)
・つま先部の厚さ(左右別に製作可能相談) 2.0mm〜6.0mm
・3D精密切削製作

価格

画像

カロギア高機能カスタムインソール
18,900円(税込)~

画像

カロギア高機能インソール
9,800円(税込)~

オンラインショッピング

PAGE TOP